低金利キャッシング

できるだけ低金利でキャッシングをするには?

キャッシングをするのであれば、できるだけ金利は低いところで借りて利息の負担額を抑えたいですよね。金融機関で比べてみると、消費者金融と銀行とでは銀行が圧倒的に低金利で4%台〜14%台が多く、消費者金融も金利に幅があるので高額な融資でしたら低金利での借入も可能といえるかもしれませんが50万円以下の場合はほとんどが上限金利いっぱいの18%とだいたいが高金利です。

 

しかし金利は会社ごとに結構設定がちがってきます。例えば新生銀行カードローンのレイクの場合、銀行カードローンですがその金利は4.5%?18.0%です。消費者金融大手のアコムの金利が4.7%〜18.0%ですから、それと比べてもあまり差がありませんよね。そして信販系ですが人気のオリックスVIPローンカードは低金利カードローンランキングで1位の3.50%〜14.80%です。

 

このように、金利は金融機関の違いだけではかれるものではありません。また、金利だけでなく、審査基準も各社それぞれに違いがあります。例えば銀行は比較的審査が厳しい傾向にあり、消費者金融はそのあたりが柔軟な姿勢だといいますが、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは銀行カードローンでも融資に積極的といわれていて、他のキャッシング会社で審査に通らなかったという場合でもバンクイックでは審査に通ったという話もよく聞かれます。

 

できるだけ低い金利でキャッシングをするためには、いろいろな会社の金利を比較し、また、金利だけでなく審査に柔軟かどうかなどの点も見ていかなくてはなりません。

金利の安いキャッシングをするポイントは?

金利の安いキャッシングをするにはどうしたらいいでしょうか。キャッシングを利用するのであれば、できればできるだけ返済総額を抑えたいですし、そうなると利息負担額を減らしたい…つまり金利の低いキャッシングを利用したいですよね。

 

まずは金利の低いキャッシング会社を選ぶこと、これも大切です。銀行カードローンで借りれれば、消費者金融よりもかなり金利を低くかりることができます。一般的に消費者金融の上限金利はほとんどのところで18%、銀行カードローンはばらつきがありますが、上限金利は14%台のところが多くなっています。

 

そして金利は、一般的に限度額に対応して適用される金利が決まってきます。高額融資になるほどより低金利になっていきますから、限度額を高く借りればその分低い金利を引き出すことができます。借入実績が必要という場合には一度限度額いっぱいまで借りて、不要な分は使わずに返済してしまえばいいのです。ただし、新規の申し込みだと50万円以上の借入は難しいので、借入を継続して利用して増額していき、金利を引き下げてもらうというちょっと地道な努力も必要になります。

 

またちょっと違うパターンで、もしキャッシングをする目的が旅行のため、英会話を習うため、など割とはっきりしていて、まとまった資金を支払う請求書などが用意できるという場合には、キャッシングではなく銀行の目的ローンなどを利用するというのも手です。目的ローンは資金使途を証明する請求書や見積書などが必要になってきますが、普通のキャッシングやカードローンなどと比較すると遥かに低金利でだいたいが一桁台の金利で借りることができます。金利を低くお金を借りるポイントを抑えて、返済総額を減らしましょう。

 

 

増額を先に検討するよりも今のアコムの使い方を再検討しよう

急な出費に活用していくことができるアコム。

足りなければアコム増額すればいい、そんな感覚ではいませんか?

 

増額を考えるよりも先に、自分のアコムの使い方が間違っていなかった考えてみたほうが良いかもしれません。
生活費やギャンブル、遊びの費用に使っている場合にはそれはすぐに改めなくてはなりません。
今月借り入れをした金額を翌月は返済しながらさらに足りずに借り入れをするという状況が繰り返されているでしょう。
これでは完済はもとより借金苦の状態にすでに陥っている可能性は否定できません。

 

しかしそれだけではなく急な出費だけに専念した使い方をしていたとしても余計に使っていることがあります。
今どうしても必要な金額が7万円だったとしましょう。
その7万円だけを借り入れればなんとか事足りるのですが、念のためとかちょうどキリのいいところでなどという理由をつけては10万円を借り入れてしまうことがあります。
おそらく3万円余計に借り入れた分は意味もない使い方をしてしまうでしょう。
結局は余計に使ってしまった3万円も返済しなくてはならず、利息もかかることになります。
これでは無駄なキャッシングがあるものであり、積み重ねれば大きな金額に変わっているはずです。

 

増額もことと次第によっては有効な手段になることは少なくはありません。
しかしそれを理由に甘んじたキャッシング生活を送っていれば意味の無い増額になってしまうこともあるのだということを覚えておきましょう。

キャッシングには法定金利が決まっています

キャッシングの金利はキャッシング会社ごとに違いがありますが、その金利の上限には一応法律上で決まりがあります。金銭消費貸借契約=金銭を借りて消費し、同額の金銭を返還する契約つまりかんたんにいってしまえば借金のことですが、この金銭消費貸借契約における法律で決めた上限金利のことを、法定金利といいます。難しい言い方のようですが、借金の際の金利には法律で決めた法定金利という上限がありますよ、ということです。

 

利息を制限する法律には二つの法律があって、利息制限法と出資法という法律なのですが、それぞれの法律で上限がことなります。利息制限法では10万円未満が20%、10万円以上100万円未満が18%、100万円以上が15%の上限金利となっています。それが出資法では最近改正され、20%と定められています。

 

金銭の貸付けを行う業者が貸付けを行う場合に金利が20%を超えていると、出資法違反ということで刑事罰の対象になります。では、出資法の20%と利息制限法の15%?20%の間の金利帯での貸付けをした場合はどうなるのか、というと、これを超える金利は無効、かつ貸金業法の法令違反で行政処分の対象となる、ということです。

 

そういうわけですから、この法定金利を超えるような貸付けを行っている会社に当たってしまったときにはそれは貸金業法違反の違法業者である可能性がきわめて高い訳です。法律で決まっていてきちんと罰の対象ともなっているわけですから、出るところに出れば訴えることができます。しかしこうした知識を持っていないと、それに気づかずに不当な利息を支払い続けることになるかもしれないのです。

消費者金融で総量規制対象外なのは?

総量規制対象外なのは銀行カードローン!とうたっていたり、かたや総量規制の対象でもキャッシング可能な消費者金融はこちら!などというように総量規制の影響を受けないかのような消費者金融があるという言い回しがあったり、実際どれがOKでどれがNGなの?!とおすすめサイトみたいなものだけみていると総量規制のことって実に理解しにくいですよね。

 

多くの人が総量規制について知っていることといえば、借入する額が年収の3分の1にまで制限されるという仕組みのことだと思います。でもそれが適用される、対象となる範囲についてとなると結構ややこしくなるんですよね。まずここで言えるのは、銀行だから総量規制の影響を受けない、というのは正しいのですが、消費者金融だから総量規制の対象になる、ということではないということです。

 

ですから消費者金融で総量規制対象外なのはどこか、というのはちょっと論点が違ってしまっているというような感じなんですね。というのも、総量規制というのは貸金業法の中で定められているルールであり、貸金業法は貸金業者に対して適用されるものなので消費者金融、信販会社、クレジットカード会社などがそれにあたります。しかし消費者金融の扱う全てのローン商品に対して総量規制が影響するというわけではありません。総量規制には除外貸付・例外貸付が存在します。

 

家やマンションなどの購入のローンや高額な医療費のローン、おまとめや借り換え目的のローンなどは総量規制の除外または例外貸付に相当しますので、消費者金融がこれらのローンを扱っている場合には総量規制の対象とはならないことがでてきます。消費者金融で通常の資金使途自由なカードローンなどを利用する場合には総量規制の影響を受けますが、消費者金融で借りるからといって必ずしもそれが全て総量規制の影響を受ける訳ではない、ということは理解しておきましょう。